テグレトールは躁うつ病や三叉神経痛にも効果がある

テグレトールは、てんかん発作のけいれんなどの症状を抑制するだけでなく躁うつ病や三叉神経痛、統合失調症などにも用いられる薬です。カルバマゼピンを主成分とし脳神経の興奮シグナルを抑える薬です。即効性のある薬ではなく、効果が出るまでしばらく時間がかかります。白血球減少や血小板減少、肝機能障害、黄疸、薬疹(薬による皮膚疾患)などの副作用の報告があり定期的に血液検査を受け血中濃度を調べることが大切です。何らかの異常があらわれた場合は服用を中止し、医師に相談する必要があります。
三叉神経は、顔の感覚(触覚、痛覚、冷感、温感等)を脳に伝える神経です。三叉神経痛は頭部の三叉神経が圧迫されて、顔面に電気のような痛みが起こる病気です。テグレトールは、神経伝達を抑える作用から三叉神経痛の痛みを和らげる効果があります。ロキソニン等の鎮痛剤で痛みを抑えらないので鎮痛剤の効果がない場合は三叉神経痛である可能性があります。
躁うつ病(双極性障害)は、抑うつ状態と躁状態が交互に現れる精神疾患です。躁状態は、気分がハイになってしまい周囲に迷惑を掛けることがあります。自分で自分を制御できないので興奮を抑える必要があります。反対にうつ状態は気分がひどく落ち込む状態となります。テグレトールは脳の興奮を抑える作用があるため気分がハイになってしまう症状を緩和し気分を落ち着ける目的で使用されることがあります。
テグレトールはインターネットなどの通信販売などで購入し自己判断で飲まずに信頼できる病院の元医師に相談をし診察をしてもらうことが重要です。服用しながら薬がどのように作用しているのか経過観察し自分に合った用法・用量を知ることが重要です。

テグレトールを飲む時に気を付けなければならないこと

躁うつ病の治療やてんかんの予防に幅広く使用されているテグレトール。登場してから長い月日がたつのにもかかわらず、現在でも多くの医療機関で使用されている信頼性の高い薬です。ただいくら信頼できる薬といえども、他の薬との飲み合わせや既往症によっては服用によるリスクが発生する可能性は避けられません。テグレトールを服用する際も、必ず守らなければいけない注意点があります。
テグレトールを服用する際には、必ず用法と用量を守ることが大切になります。服用量に関しては小児と成人、治療する病気の種類、症状の軽重によって異なりますので、医師の診断を受けて指示されたとおりの量を服用するようにしましょう。またテグレトールは効果がでるまでに最低でも1週間は要するとされている薬ですので、自己判断で服用を中止してはいけません。さらに一日の最大服用量も定められていますので、飲み忘れたからといって一度に二回分の薬を服用するのも厳禁です。
もちろん既往症を患っている人もテグレトールの服用には注意が必要です。血液障害などの持病がある人は、テグレトールを服用すると重篤な症状が引き起こされる可能性があります。血液障害以外にもさまざまな病気でテグレトールの服用に対して注意が必要なことがありますので、必ず医師に既往症のことも話してから服用の是非を判断してもらうようにしましょう。
なお最近はテグレトールもインターネット上の通販サイトからも簡単に手に入れることができます。病院へ行かなくても気軽に入手できるようになったのは非常に便利ですが、素人の自己判断による安易な薬の服用にはリスクが伴います。そのようなサイトを利用する場合でも、まずはじめに医師の診断を受けてからにしたほうがいいでしょう。

テグレトールは個人輸入がお得

テグレトールは脳神経の中枢に作用して、様々な症状を抑制する効果がある医薬品です。脳内の神経の過剰な興奮でおこるてんかん、統合失調症や鎮静作用により躁鬱病に使用されています。
またテグレトールは顔面の三叉神経の興奮を抑えて三叉神経痛にも効果があります。神経細胞膜の安定作用による鎮静効果のため気分安定薬として使用され抗躁鬱効果、抗うつ効果、再発予防効果が認められています。
テグレトールの特徴は、抗躁効果が強く副作用が多い気分安定薬のため、興奮作用が強くない躁状態の方、他の医薬品での効果が乏しい方、30歳未満の若くして発症された方に適している医薬品です。
テグレトールは薬価が決まっていないため、処方される病院などによってかなりの価格差があります。テグレトールは分量によっては、個人輸入代行業者からの通販で求めるとかなりお得になります。個人輸入代行業者の価格にもばらつきがあるので、信用、実績、サービスなど安心できるサイトでの購入が無難です。
しかしテグレトールの主な副作用として眠気、めまい、脱力感、発疹、かゆみ、頭痛、血管浮腫などがあります。テグレトールは少量からの服用をはじめて症状を観察しながら徐々に増量していく医薬品です。またグレープフルーツに含まれる成分が、体内で薬の代謝する酵素の働きを阻害するためにおこる血中濃度の上昇という危険も伴い服用での注意があります。基本的に医師に処方された分量を守り継続的に服用をしていく医薬品で、独自の判断で分量を変えてみたり突然の中止は危険が伴います。さらに他の医薬品との併用によりテグレトールの副作用症状および中毒症状など重篤になる危険もあります。
個人輸入代行業者で購入しても、維持との関係は重要です。